衣装デザイナー・ひびのこづえさんがシズデに来校しました!コラボレーション企画も始動!

2018年11月28日

3月に葵区・七間町で行われるパフォーミング・アーツ・フェスティバル「七間町ハプニング」でのダンスパフォーマンス「Humanoid LADY」の衣装を

コスチュームアーティスト・ひびのこづえさんとシズデのファッションデザイン科の学生がコラボレーションで制作することが決定しました!

ひびのこづえさんは沼津市出身。「にほんごであそぼ」「SUNTORY BOSSシルキーブラック」「KAGOME 野菜一日これ一本」などの衣装デザインを手掛ける日本を代表する衣装デザイナーです。

今回はそのオリエンテーションも兼ね、「Humanoid LADY」初演でダンサーを務めた引間文佳さん、音楽を制作した川瀬浩介さんとともにシズデに来校し、

映像や写真を交え、ご自身の作品の解説やエピソードなどをお話ししてくださいました。

松任谷由実さんはじめ、数々のアーティストの衣装や、

最近では出川哲朗さんのCMでおなじみのこのCMも!

 

終了後は学生たちと今後の作品制作についてミーティングを行いました。

「デザイン画を完成形ととらえ、一切の修正をせずに実物を完成させてほしい」

これから学生が描いたデザイン画すべてに目を通し、作品制作をプロデュースしていくとのこと。

ひびの流の仕事を体感しながら作品を作り上げていく、学生たちの大きな挑戦がスタートします。

 

〇ファッションデザイン科Twitterはこちら