清水港開港120周年記念ロゴにシズデ生の作品が採用されました!

2018年11月6日

2019年8月に開港120周年を迎える清水港

マグロ水揚げや貿易、そして国際クルーズの拠点として世界と静岡を結ぶ重要な役割を担っています。

現在、静岡市では記念事業として様々なイベントを展開しています。

先日、その事業の象徴となるロゴデザインのコンペティションが行われ、県内の大学・専門学校の学生作品の9点のうち

グラフィックデザイン科2年生 吉田 真衣子さん(清流館高卒)のデザインが選ばれました!

先日、清水区の清水テルサでロゴマークが披露され、酒井公夫実行委員会長から吉田さんに賞状が贈られました。

来年7月13~15日には主要イベントが開催されることも決定し、ますます盛り上がりを見せる記念事業。

今後、あちこちでこのロゴを目にすることでしょう!

吉田さん、おめでとうございます!

 

この会見の様子は静岡新聞にも掲載されました。(Web版プレスリリース)

 

〇グラフィックデザイン科のTwitterはこちら