2022.08.05

F

ファッションビジネス科【商品企画】でファッションの力で社会貢献を考えました。

ファッションビジネス科2年生の【商品企画】の授業をご紹介!

1年次の【商品企画】では、OEM(※)を学び、実際に有限会社ぬくもり工房に業務委託し遠州織物のバッグをプロデュース。OEM生産を体験することで、商品企画の楽しさを学びました!
(※OEMとはデザインを自社で行い、製品の製造工程を外注すること)

今回紹介する2年生の【商品企画】では、社会問題となっているウクライナの現状を知り、「自分たちが学ぶファッションの力でどう支援できるか」「利益をどのように社会貢献できるか」までを考え企画し実行する!という1年次よりレベルアップした内容になりました!

この企画では、「化学素材メーカー」でサステナブルブランドmate-mono(マテモノ)やkonbuを展開している【小松マテーレ】から商品を仕入れ、委託販売店になってもらえる企業やお店を自分たちでリサーチし、企画提案を行いました。そして、協力いただいた委託販売店への出荷、販売管理も行い、得た収益の一部はウクライナ支援のために寄付をするという取り組みとなりました。

そして、先月7月20日に、売り上げの一部を寄付するため、ウクライナ避難民の支援をしている【ウクライナ希望のつばさSHIZUOKA】を訪問して来ました。

この支援を通して、ファッションの力で人と人を繋ぐ、人とモノを繋ぐ、人とコトを繋ぐ商品企画を実践的に学ぶことができました!


これからも【ファッションの力で今できること】を考えていこう!

この記事をシェアする