2021.10.12

P

プロダクトデザイン科2年生の作品発表!

プロダクトデザイン科2年生の授業に潜入!

今回は時計のデザイン企画!この授業のキーポイントである「CMF」を意識して企画・制作を行いました。
「CMF」とは、モノの表面を構成する3つの要素で、【C:color(色)】【M:material(素材)】【F:finish(加工方法)】のことを指します!
もの”を制作する際に、より良いプロダクトを消費者に提供できるよう、色や形状・素材といった「表面」のデザインをしっかり検討する必要があります。
学生たちは、時計のデザインを考えていく段階で、この「CMF」を勉強し、企画を考えました。

制作過程の様子はコチラ

この日の最終プレゼンでは、魅力的な企画やデザインがたくさん発表され、実制作した時計も披露されましたよ。

プレゼンの様子




作品の一部を紹介します。
この作品は、ベーシックカラーでソリッドなグリッドパターンやモノトーン調の使い方が特徴のグリッド&シャドーカラーと安定感を感じさせるオリジンカラーをテーマに木の違いを楽しむというコンセプト。木目で時間を知るデザインとなっていて、板のすき間が数字を表しています。

こちらもグリッド&シャドーのテーマカラーから鉄筋コンクリートを連想。フェンスや金の文字盤は直線を意識して制作。同じテーマでも独創的なデザインが目を引きます。

こちらはマイニュートラルという自然と楽しさを感じさせるカラーをテーマから自然と人工物の交わりをコンセプトに時計の針に羽を使い、前面のカバーには刺繍を施した作品です。

他にもたくさんの個性豊かな作品が出揃いました。
制作した作品は校内での展示も予定されていますので、その様子もお伝えしていきますね!

この記事をシェアする