SHIZUDE - 静岡デザイン専門学校

フラワーデザイン科2年生 園芸実習の授業

2017年12月20日

フラワーデザイン科では園芸の授業も2年間を通してみっちりと授業が入っています。

1年生では植物や病害虫に関する基礎的な知識から、寄せ植えの制作や花壇の植え替えなどを幅広く実践的に学びます。

そう、シズデの前にある花壇もフラワーデザイン科の学生たちがデザイン、植え替えをしているんですよ♪

 

2年生に上がると、講師である設楽先生が経営する園芸店 興農園さん(HP)へと出かけ、より実践的な授業へと発展していきます。

staffがお邪魔したこの日は、冬の鉢物の定番 シクラメン・ポインセチア・クリスマスローズ についての講義と

お店のメインストリート脇の花壇の植え替えを行っていました。

なんと、お店にある商品は自由に使っていいとのこと!

学生たちはたくさんある商品の中で考え、デザインし、植物を選んでいきます。

 

授業の中では、寄せ植えを作って実際に店頭に置いて販売する実習も。

売れる商品を作るために学生たちは試行錯誤します。

 

店頭で即戦力になるための授業を様々な角度から行うフラワーデザイン科

卒業制作展≪デザイン ア・ラ・モード2018≫では大きな造形作品とフラワーショーで、その学びの成果をご覧いただけます。

 

2/2(金),3(土),4(日) グランシップで会いましょう!

 

★フラワーデザイン科Twitterはこちら

https://twitter.com/shizude_flower

☆卒業制作展≪デザイン ア・ラ・モード2018≫についてはこちら

デザイン ア・ラ・モード2018 卒業制作展の開催