SHIZUDE - 静岡デザイン専門学校

浙江省友好提携35周年記念式典

2017年4月6日

4月5日、静岡県と中国・浙江省との友好提携35周年を記念した式典が行われました。

中国から代表団が来日したほか、川勝平太静岡県知事をはじめ、静岡県の行政・議会・企業・団体関係者およそ380人が出席し、盛大に式典が執り行われました。

その式典と交流会の場を彩ったのが、フラワーデザイン科の学生たちの作品!

先日行われた「“花の都しずおか”フラワーデザインコンテスト2017」にて金賞を獲得した井草 亜希さん(田方農業高卒)、銀賞を獲得した杉山 夢花さん(静岡商業高卒)がシズデの代表としてアレンジメント各2点、計4点を製作しました。

学生たちは開式の約3時間前に会場入り。控室で装花をしました。

奥に見えるのは浜松開誠館高校・華道部のみなさん。4名とも集中して、黙々と作品を作り上げていきます。

春休みシーズン、久しぶりにお花を触った!という学生たち(笑)

それでも流石の集中力。2時間半で雰囲気の全く異なる4作品を作り上げました。

また、完成後には世界的フラワーデザイナーの中山佳巳さんに直接手直しの指導をいただくという非常に貴重な経験も。

式典の後の交流会では式典での装花製作としてご紹介もいただきました。

川勝知事とも記念撮影!

学生たちにとっては素晴らしい経験となったことでしょう。学生たちはこの経験を糧に、新たな学年に進みます。

 

また、式典の中央に飾られた桜の大きな装花は、インテリアデザイン科講師であり華道家・建築家の辻雄貴先生によるもの!

こんなところでもシズデの繋がりを感じました☆

 

静岡新聞には式典と装花の様子が掲載されています。⇒こちら