SHIZUDE - 静岡デザイン専門学校

先日お届けしました、ブライダル・ビューティー科模擬ブライダル

実は、もうひとつの学科が裏で動いていました。

それは、会場のブライダルフラワーを担当したフラワーデザイン科

ブライダル・ビューティー科からの注文をもとに、会場の装飾やブーケなど、式に関わるフラワーの全てをプロデュース!

 

式の前日、教室ではその仕込みに取り掛かっていました。

ブライダルフラワーは当日、会場で花を生けることはほとんどないのだそう。週の中ごろからこうして作りおき、週末に各会場へと運び設置するのがプロの仕事。週末に仕事が集中するからこその技ですね。

年間300件のブライダルフラワーを手掛ける増田生花店・増田先生の指導のもと、和婚のテーマに合わせた装飾をいくつも作り上げていきます。

一番の大物である高砂席はフラワー男子・三本木くん(清水国際高卒)が担当☆かっこいいですね!

 

ブーケやテーブルコーディネートだけでなく、ケーキの周りに散らせるお花や花嫁さんのヘッドアクセサリーまで!

それぞれに適した準備をしていきます。

 

そして式当日!

ブライダル・ビューティー科の学生たちと同じように、会場の準備に取り掛かります。

ヘッドアクセサリーもここに♪

あの達磨ケーキにも、文字通り花を添えました☆

結婚式、何気なく風景に溶け込んでいるブライダルフラワーですが、そこにもしっかりとフローリストの手が加わっていることを改めて実感しました!

 

☆フラワーデザイン科のTwitterでは日々の授業や作品を発信中!→こちら

ブライダル・ビューティー科ではブライダルに関する接客マナーやプランニング、ドレスコーディネート、ヘアメイクなどを学びます。

先日、その集大成として、実際の結婚式場で挙式&披露宴を挙げる「ブライダルプロジェクト」が行われました!

学生が司会、新郎新婦役、ヘアメイクや着付け、式の演出、進行、会場コーディネートなど式に関わる全てを担当。当日は本物の結婚式と同じ流れで式と披露宴が進められます。

 

今年のテーマは「和婚」。

シズデの模擬ブライダルの特徴は『結婚式をデザインする』こと。

近年、再びブームとなっている着物での結婚式を、学生オリジナルの企画・演出で執り行いました。

会場となったのは卒業生も多数働くホテルプリヴェ静岡ステーション

当日は朝から準備に大忙し!

白無垢・色打掛の着付けもこの日のために特訓しました!

 

 

そしていよいよ開場☆

飾り付けも学生たちがデザイン・制作!

当日は、14名の高校生の皆様もご招待。

代表でリングガールも務めていただきました♡

 

そしていよいよ開式…☆

入場のシーンから早くも感動。。。

感動の挙式となりました!

 

このプロジェクトのリーダーであるウェディングプランナーは常に周りに気を配ります。

司会や進行ももちろん学生が。

それぞれの得意分野を発揮して初めて、この式は成功するのです。

 

そして披露宴♪

色打掛も美しい☆

プロから技術を教わったバンケットスタッフたちがお出迎え♪しっかりお仕事をこなします。

そして、結婚式といえば…♡

ウェディングケーキ!

【和婚】のテーマに合わせ、学生が提案したのはなんと達磨ケーキ。ケーキカットの代わりに目入れをしました!

式の最後には、参列していただいた先生方へ感謝の言葉を。

とてもハッピーで、そしてちょっぴりウルッとくる、心温まる式となりました。

 

☆当日、エンドロールで流れたダイジェスト映像がYoutubeで公開中!再生はこちらから☆

☆ブライダル・ビューティー科のTwitterはこちら

7月16日(日) SHIZUOKA109で開催された『girls walk in SHIZUOKA109』は大盛況のうちに幕を閉じました。

ご来場いただきました皆様、まことにありがとうございました!

ファッションビジネス科の1・2年生はメインイベントであるファッションショーの裏方として、モデル20名の衣装のスタイリングから当日のフィッティングなどに携わり、【ファッションビジネスの観点から作り上げるファッションショー】を生で体感しました。(準備の様子はこちらから)

その他にもシズデからは似顔絵ブース、共催の美容室FORTE様からはヘアアレンジブースやネイルブース、美容アイテム体験ブースなどが出展。アーティストによるライブイベント・ダンスイベントも開催され、会場のけやき通り周辺は大変な盛り上がりを見せました!

また、会場ではスタイリングの人気投票を実施。フィナーレでグランプリ・準グランプリが発表されました。

 

グランプリは・・・

ファッションビジネス科1年生、稲葉稜平くん(静岡北高卒)・神谷佐和子さん(静岡大成高卒)がスタイリングしたこちら!

モデルを務めたのはブライダル・ビューティー科2年 白戸舞さん(小山高卒)

テーマである「キレイ系」のなかにも、ブラウスをトップスに巻きつけるなどトレンドの「リフォメーション(自分の手で作り変えたデザイン)」を取り入れたスタイリングが見事グランプリに輝きました!

そのほかにも、学生たちが手掛けたスタイリングを特別にチラ見せ・・・☆

モデルさんの全ルックはファッションビジネス科のInstagramでご覧いただけます!ぜひチェックしてくださいね♪

☆ファッションビジネス科のInstagram / Twitter

グラフィックデザイン科3年生 写真コースの学生が、シズデ校内を舞台に本格的な作品制作をスタートしました!

先日、高校生モデルの鈴木海那(すずきみいな)さん(HP)をお招きし、様々な教室・シチュエーションで撮影を行いました。

普段は学生でいっぱいの教室も、夏休み中は存分に使えるチャンス。

 

納得の一枚が撮れるまで何度も何度もシャッターを切ります。

授業を受け持ってくださっている、フォトグラファー萩原和幸先生のお手本に「さすが先生、すごいなあ・・・」なんてため息も。

お手本を見るやいなや、「私も撮りたい!」とカメラを構える学生(笑)

撮影技術だけでなく、物の使い方、セッティングの仕方やスピードなど、プロの仕事を間近で見て学生たちはどんどん吸収していきます。

集中しながらも、和気あいあいとした雰囲気で撮影は終了♪

完成をお楽しみに☆

 

下記SNSもぜひチェックしてください♡

鈴木海那さんのTwitter / ★萩原和幸先生のTwitter / ☆グラフィックデザイン科のTwitter

 

 

7月16日(日) SHIZUOKA109で開催の『girls walk in SHIZUOKA109』

メインイベントのファッションショーは、ファッションビジネス科の学生がスタイリストとしてモデル全20名の衣装をコーディネートしています!

 

カジュアル・キレイめ・モード・フェミニンの4つのイメージに沿ったステージ構成になっています☆

衣裳は109内の店舗でピックアップ。

トレンドをおさえるのはもちろん、モデルさんに似合うコーディネートを目指していくつも試します。

 

主催である美容室FORTE様をお招きしてのプレゼンテーションでは、イベントの運営に携わる約20名のスタッフさんの前で、コーディネートのポイントなどを説明をしました。

入学してまだ3か月の1年生も堂々の発表!

プロからのメイクやヘアセットについての質問にも、しっかりと自分の意見を伝えていましたよ。

 

最後に、FORTEの皆様・学生とで集合写真☆

当日はフィッターとして、ショーの舞台裏で動く学生たち。

とても貴重で、大きな経験をさせて頂いています。ぜひ、7月16日(日)はSHIZUOKA109にお越しください♪

 

♡・・♡・・♡・・♡

girls walk in shizuoka109

日時:7月16日(日) / 雨天:7月17日(月)

11:00~18:00

会場:SHIZUOKA 109

▼イベント内容▼ 

『ファッションショー』
高校生向けトレンド
少し背伸びをしたオシャレをテーマに109ブランドとコラボしファッションショーを行います♪ 

『アーティストライブ』
ZilL ・ Monzablow ・ yosu

『ヘアアレンジ・ネイルケア』
現役美容師がヘアアレンジやをネイルケアを行います!
いつもと違う自分になって遊びに出かけましょう♪ ⋮

『キッズ イベント』
元気な子ども達によるキッズダンスパフォーマンスを披露致します!

『にがおえアート』
シズデ学生によるにがおえアート!
世界でたったひとつのにがおえを手に入れよう♪

『フォト ブース』
インスタ映えする、おしゃれなフォトブース★
インスタに写真を投稿すればいいねが止まらないかも?

静岡でファッションをトコトン楽しもう

♡・・♡・・♡・・♡

ファッションデザイン科3年生が取り組んでいるSPA実習

自分たちでオリジナルブランドを立ち上げ、企画・デザイン・型紙・縫製・販売までのすべてを手掛けるこの実習。企業と同じ流れを体験し、更に商品は9/23(土)・24(日)の2日間、新静岡セノバで販売されます。

今年のブランドのラインナップはこちら!

この4ブランドが先日、校内1Fギャラリーにて【サンプル展示会】を開催しました!

各ブランドの展示スペースには、服だけでなく、ブランドイメージを表現する装飾がされています。

後輩、他学科の在校生、卒業生、外部の方など、たくさんの方にご覧いただきました。

自分の制作した商品のアピールポイントを説明。またご試着いただき、改良点を探ります。

昨年はこの展示会で購入を即決したという商品も出ました。さて今年は・・・?

 

このサンプル展示会、型紙作成から縫製までの製作期間は約1か月!

非常にタイトで厳しいスケジュールの中、4ブランド併せて約50型を縫い上げました。

今後、頂いた貴重な意見をもとに型紙や縫製方法を改良し、販売に向けて量産に入ります。

ファッションデザイン科のTwitter(@sizude1923)ではこの様子を随時発信しています☆ぜひ、ご覧ください!

 

☆サンプル展示会の様子が静岡新聞に掲載されました!プレスリリースはこちら

グラフィックデザイン科3年生が毎年取り組む雑誌制作(エディトリアル)の授業。

今回、その授業の一貫で、静岡の人気フリーマガジン『すろーかる』編集部のみなさんがシズデに来校!企画会議をシズデ校内で開催していただきました!

制作中の7月号・8月号の進捗状況やお金の話、そして貴重な編集途中のページなども見させていただきました。

会議特有のピリッとした空気に学生たちの姿勢も自然と伸びます。

シズデの会議から生まれたすろーかる7月号はいよいよ7/1発行!

会議の内容がどのように紙面に反映されているのか楽しみです!

この企画会議の模様は、すろーかるの発行会社、すろーらいふ様のFacebookでも紹介していただきました♪

(すろーかるのHPはこちら)

 

学生たちは今後、今回の授業を反映させながら、雑誌のテーマから構成・紙面づくりを自分たちで行い、雑誌を発行します。

毎年まったく違った雰囲気の雑誌が生まれるこの授業。こちらも楽しみです!

 

伝馬町の夏の風物詩として12年目を迎えた、街路灯の青いバナー

先日、このバナーの掲出作業が行われ、伝馬町発展会の皆様と一緒に本校のグラフィックデザイン科の学生が参加しました。

当日は絶好のバナー掲出日和!伝馬町通りのスタートであるペガサート前からつつじ通りの交差点前までの43本の街路灯ひとつひとつに取り付けしました。

発展会の会長である塚本さんも脚立に上り掲出♪

学生たちも取り付け方法を教えて頂きながら、持前のチームワークで手際よく取り付けていきました。

足元ではサポートのほか、ゴミ拾いや雑草取りを行う学生も。普段からなじみのある街並みをより綺麗にしたい気持ちは、住む人も通う人も同じです。

こうして取り付けられたバナーは9月末まで伝馬町通りを彩ります。

また、現在、伝馬町発展会加盟店の魅力を発信する「デザイナーズポスターコンテスト」の投票も受付中(投票は伝馬町にお住まい・ご通学の方のみ対象)

「このバナー、僕がデザインしました!」と山﨑くん(誠恵高卒)

作品は静岡銀行伝馬町支店、またはシズデ1階受付前でご覧いただけます!

見事入賞した作品は、7月8日(土)にけやき通りで行われるてんま夏祭りで表彰されます。

今年も企画もりだくさんなてんま夏祭りについてはまた後日紹介いたします。お楽しみに☆

静岡県内の家具メーカーを中心に60社が出展する新作家具の見本市「シズオカKAGUメッセ」がツインメッセ静岡・北館にて開催しています。

ニュースや新聞でご覧になった方も多いのではないでしょうか?(アットエスのページはこちら)

6月17日(土)、18日(日)の両日10:00~17:00は一般公開され、様々なイベントも開催されます。

そんな静岡の家具・インテリア業界の一大イベントに、シズデのプロダクトデザイン科も参加をしています!

シズデのブースは会場入ってすぐ左手の奥、若手デザイナーが出展するデザイナーズ・サテライトというコーナー。

プロダクトデザイン科3年生が2年次に制作したオリジナルスツール2点が展示をされています。

 

クラス内でデザインのプレゼンを勝ち抜いた

長嶋徹真くん(駿河総合高卒)デザインの【パズルスツール】

高原瞳さん(知徳高卒)デザインの【きりかぶのいす】

の2作品を全員で制作。

1センチのズレも許されない精密でこだわりある作りは必見です。

 

試行錯誤を繰り返し完成した渾身のスツール。展示のレイアウト、土台からも自分たちで制作しました。

ぜひ、ご覧ください!

 

☆シズオカKAGUメッセのHPはこちら

☆プロダクトデザイン科・インテリアデザイン科共同Twitterはこちら

 

昨年の夏・冬に引き続き、今年も6月10日(土)よりファッションビジネス科が静岡マルイのディスプレイをジャックしています!

今回はお馴染み『1階・伝馬町側ウィンドウ』『1階フロア』を手掛けました!

テーマは【シズデジャックと快適豆の木ライフ】

シズデがマルイをジャックすることと掛け、ジャックと豆の木のストーリーにちなんだディスプレイで夏の商品のご提案をさせていただいています。

先日は静岡マルイ様にご来校頂き、学生たちから企画のプレゼンテーションをさせていただきました。

 

デザイン力、発想力はどこにも負けない学生たちですが、プレゼンでは

「ショップディスプレイは鮮度が大事。できてすぐと撤収直前が同じものでなければいけない」

「イメージを実現するために何度も検証すること」

「施工時間は短く。1時間長引けばそれは1時間残業することと同じ」

とプロ目線でのご意見が続々と。

それでも「君たちのイメージを実現するためにこちらもできることは協力したい。一緒に良いものを作りましょう」と温かい言葉で締めくくられました。

実務を学生のうちから経験させてもらえるのは非常に貴重な機会。施工に向けて企画をブラッシュアップし、制作・施工に取り掛かりました。

 

 

展示は6月30日(金)まで。

お買いものの際にはぜひお立ち寄りください♪

 

☆ファッションビジネス科 公式Twitterはこちら