SHIZUDE - 静岡デザイン専門学校

シズデの秋の風物詩、ボウリング大会が行われました!

夏の球技大会に続き、仮装にも注目のシズデのボウリング大会。

ダイジェストでその模様をお届けします♪

 

ファッションデザイン科はさすがの手作り衣装で参戦!

 

なんとも絶妙な体育の先生!?や・・・

見たことある某先輩・・・

こちらも見たことのある探される人・・・

超絶怒涛のプロダクトデザイン女子はお揃いの手作りTシャツ&手ぬぐいで挑みました!

 

ブライダル・ビューティー科はさすが!女子力の高さが目立ちました☆

 

そのほかにも、なんともリアル!?なインテリアオタク女子や

こちらもリアルかつハイクオリティなもふもふなキャラクターまで!

 

ボウリングのスコア上位者のほかにも、優秀な!?仮装をしたチームには『ベストドレッサー賞』が贈られました☆

卒業年次生にとっては最後の校内レクリエーション。ここから一気に卒業制作展まで駆け抜けます!

みなさんお疲れさまでした!

 

 

静岡で芸術の秋といえば・・・

ストリートフェスティバル・イン・シズオカ

ですね♪

通称「ストフェス」は今年で17年目を迎えるアート&ミュージックイベントです。

静岡の街中・青葉シンボルロードには毎年、多くのクリエイターやアーティストが集い、作品を展示販売したりライブを行ったりとにぎやかな2日間に☆

今年もこのストフェスに、ファッションデザイン科の学生有志による【作って売る部】

【少女帰還展ー第1章ー】というグループ名で参加します!

ブース番号2番

市役所側から入り、右手すぐの好立地☆

 

ファッション学生ならではの布小物やアクセサリーが揃いました!

授業で学んだリボンエンブロイダリー(リボン刺繍)の斜め掛けバッグや・・・

この秋冬、すぐに使えそうなアクセサリーも☆

 

セーラー服のようなデザインのポーチはチェック柄だけでなく、バリエーションが豊かでした☆

お好きなデザインに会えますように・・・♡

 

当日はこちらの『シズデ』の看板を目印にお越しください!

皆様とお会いできるのを、部員一同心からお待ちしております!

 

また、先日お伝えしたフラワーショップのあるデザインファームへは

ストリートフェスティバル・イン・シズオカの会場である青葉シンボルロードから常盤公園方面に歩いて約1分。青葉交番のななめ向かいにあります。ぜひお立ち寄りください♪

 

☆ストフェスのHPはこちら

https://www.streetfestival-shizuoka.com/

 

 

静岡市の一大イベント 大道芸ワールドカップin静岡2017 は大盛況のうちに閉幕しました。

今年も世界中から大勢の大道芸ファンや観光客が詰めかけ、静岡の街中はより一層活気づいていました。

 

16年前から大道芸ワールドカップ実行委員会とパートナーシップを締結している静岡デザイン専門学校では、

今年も大勢の学生がボランティアとして参加しました。

呉服町通りではグラフィックデザイン科ブライダル・ビューティー科によるハンドペイント&ネイルアートのブースを開設。今年もたくさんの小さなお客様と交流させていただきました。

中には、「小さいころ、ここでシズデの学生さんにペイントしてもらったんです!」という学生も。

大道芸がつなぐデザインのリレーを、これからも絶やすことなく活動していきます。

 

先日お伝えした「夢のクラウンスタイルコンテスト」の表彰式&お披露目式も行われました!

(前回の記事はこちら→大道芸ワールドカップin静岡 クラウンスタイルコンテスト)

ファッションデザイン科が手掛けた衣装は市民クラウンが着用し、実際に会場内を歩いてまわりました。

こだわりの「アレ」、手のひらから飛び出るハートもこの通り!

とってもキュートな作品になりました★

 

また、今年も葵タワーの一角をお借りして行われた大道芸ワールドカップ ポスター展も、大変多くのお客様に足を運んでいただきました。

地域、行政、企業とつながり、ともに街のにぎわいを作り出す。

シズデの学生たちはこれからもこの街とともにあり続けます。

 

 

静岡デザイン専門学校は昭和38年より文化服装学院の連鎖校として、教育・研究相互協力の関係を結んでいます。

ファッションデザイン科では文化服装学院と同じ洋裁道具・教科書・製図方法で授業を行っており、世界に誇るBUNKAの教育を静岡で受けることができるのが大きな特徴です。

 

毎年夏に行われる連鎖校協会主催のファッションデザイン画コンクールは、

全国の連鎖校に通う学生が応募する大規模なコンクールです。

シズデからはファッションデザイン科の1・2年生が挑戦し、夏休みをかけて描き上げます。

今年は企業様が選ぶ企業賞をはじめ、4名の学生が入選しました!

 

≪鈴屋賞≫

1年生・堤 史織さん(浜松江之島高卒)

≪連鎖校協会奨励賞≫

2年生・諸田 怜菜さん(小笠高卒)

≪日本ファッション教育振興協会奨励賞≫

1年生・岩渕 遥さん(磐田北高卒)

≪専門課程 佳作≫

2年生・今井 千豊さん(磐田南高卒)

 

鈴屋賞の堤さんは先日行われた文化服装学院の文化祭内で行われた表彰式で表彰されました。

ファッションのデザイン力ももちろんですが、イラストとしての完成度も評価されるコンクールです。

https://twitter.com/sizude1923/status/926348886863577088

会場内に掲示もされていました☆

おめでとうございます!

 

☆文化服装学院連鎖校協会HPはこちら→http://bunka-net.com/

★ファッションデザイン科Twitterはこちら→@sizude1923

 

浜松市主催のファッションコンテスト 第24回浜松シティファッションコンペ

ファッションデザイン科2年生 今井 千豊さん(磐田南高卒)の作品

「Complexity of Tailoring~仕立てるということ~」が入賞、一次審査を通過しました!

応募総数3,302点(1,235人)の中から選ばれたのはわずか20点!

その一人に今年も食い込みました!

 

12月17日(日) クリエート浜松にて行われる最終審査会では、

作品をモデルが着用してのファッションショー形式で審査が行われ、受賞者が決まります。

当日は入場無料で、どなたでもショーがご覧いただけます。

ぜひ、お越しください。

 

☆浜松シティファッションコンペ 公式HPはこちら

http://www.hamamatsu-cfc.com/

★ファッションデザイン科Twitterはこちら

@sizude1923

 

デニムのまち、制服のまちで知られる岡山県倉敷市で行われるファッションデザインコンテスト

『倉敷ファッションフロンティア』

今年で22回目を迎える由緒ある大会です。

全国各地のファッション系専門学校・大学・高校から集まったデザイン画の中から、今年も見事入賞を果たしました。

 

優秀デザイン画特別賞

タイトル:フローリスト

ファッションデザイン科2年

内田 愛恵 (小笠高卒)

 

ダイナミックなフォルムと鮮やかな色使いで【優秀デザイン画特別賞】に輝きました!

シズデからは2年連続の入賞となりました!おめでとうございます!

 

★ファッションデザイン科のTwitterはこちら

☆倉敷ファッションフロンティアのHPはこちら

 

ファッションデザイン科3年生が立ち上げたオリジナルブランド

企画、デザイン、パターン、縫製、そして売り場づくりや接客販売まで・・・企業と同じ流れを一貫して学んだ集大成が

9月23日(土)、24日(日) 新静岡セノバにていよいよお目見えです!

今年も個性豊かな4ブランドが揃いました。

今日はこの場で一足先にご紹介☆

 

トランキライザー(Twitter)

 「Artificial world」バーチャルリアリティによる人工的世界

時代に左右されないスタンダード&アバンギャルドなニュースタイルを提案。

.

なちゅりーわぁーむ(Twitter)

のんびり、ほんわか、 自由気ままに…。自然体でいられる服。

カジュアルでゆったりシルエットのナチュラル&リラックススタイル。

.

ないしょ。ぱぁてぃ–(TwitterInstagram)

キラキラでカラフルな原宿KAWAiiファッション。

「わたしだけの特別なお洋服、 みんなにはないしょ。だよ?」

.

PrincessismE(Twitter)

恋に落ちたプリンセスのお洋服。「かわいくなりたい」をお手伝い。

女の子の憧れを叶えるロマンチック&ドーリースタイル。

.

全ての商品がここでしか出会えない1点ものです!

また、売り場作りや接客も学生自らが行います。

作り手ならではの思いを直に感じてください☆

また、新静岡セノバでの販売の後は、サテライトギャラリー「デザインファーム」に売り場を移し、在庫を販売いたします。

お見逃しのないよう、ぜひお立ち寄りください!

☆ファッションデザイン科Twitterでは直前の準備の様子を発信中!⇒こちら

.

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

静岡デザイン専門学校 ファッションデザイン科3年生

オリジナルブランドショップ

【トランキライザー】 【なちゅりーわぁーむ】 【ないしょ。ぱぁてぃ–】 【PrincessismE】

場所:新静岡セノバ 1F 西エスカレーター横(BEAMS様前)

期間:9月23日(土)、24日(日)

新静岡セノバのページはこちら

場所:デザインファーム

期間:9月27日(水)~10月8日(日) ※月・火定休

営業時間:11:00~18:00

(デザインファームについてはこちら)

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

ファッションデザイン科の授業 服飾造形

シャツ・パンツ・スカート・ワンピース・ジャケットのアイテム製作を通して、服の成り立ちや作り方を学んでいきます。

夏休み前には1年生、そして夏休み明けすぐ2年生がそれぞれ授業で制作したアイテムを着装し発表する『着装会』を行いました!

1年生は入学して3か月、初めてのアイテム作り。高校生までは何気なく着ていたシャツも、ひとつひとつパーツの成り立ちから勉強。自分サイズでパターンを引き、シャツを製作しました。

しかし、みんなが高校生のうちからミシンを経験していたわけではありません。入学してすぐのミシン講習会から手縫い、パターン原型など、基礎の基礎から学び始めました。

先輩たちに見守られながら、それぞれのデザインポイントや苦労した点を発表。

「私が1年のときよりも上手い!」と驚きの声が上がる作品も!

こだわりが詰まった『初めての作品』となりました。

 

また、2年生は裏付のジャケットを製作。肩パットを入れた総裏仕立てのジャケットはパターンも縫製もかなり複雑。

ポケットや袖の形も丁寧に学び、渾身の一着が完成しました。

中には夏休みを利用してボトムスやワンピースを製作する学生も。

全身コーディネートし、素敵な着装会になりました♪

作れるアイテムが増えると、製作の幅も広がりますね。ファッションデザイン科の学生たちの作品にこれからも期待です!

 

☆ファッションデザイン科Twitterでは学生の様子や作品を発信中!→こちら

 

 

ファッションデザイン科3年生が取り組んでいるSPA実習

自分たちでオリジナルブランドを立ち上げ、企画・デザイン・型紙・縫製・販売までのすべてを手掛けるこの実習。企業と同じ流れを体験し、更に商品は9/23(土)・24(日)の2日間、新静岡セノバで販売されます。

今年のブランドのラインナップはこちら!

この4ブランドが先日、校内1Fギャラリーにて【サンプル展示会】を開催しました!

各ブランドの展示スペースには、服だけでなく、ブランドイメージを表現する装飾がされています。

後輩、他学科の在校生、卒業生、外部の方など、たくさんの方にご覧いただきました。

自分の制作した商品のアピールポイントを説明。またご試着いただき、改良点を探ります。

昨年はこの展示会で購入を即決したという商品も出ました。さて今年は・・・?

 

このサンプル展示会、型紙作成から縫製までの製作期間は約1か月!

非常にタイトで厳しいスケジュールの中、4ブランド併せて約50型を縫い上げました。

今後、頂いた貴重な意見をもとに型紙や縫製方法を改良し、販売に向けて量産に入ります。

ファッションデザイン科のTwitter(@sizude1923)ではこの様子を随時発信しています☆ぜひ、ご覧ください!

 

☆サンプル展示会の様子が静岡新聞に掲載されました!プレスリリースはこちら

ファッションデザイン科は県内唯一、ファッションに関するデザイン・パターン・縫製・販売までを一貫して勉強できる学科です。

その集大成がSPA実習。自分たちでオリジナルブランドを立ち上げ、約1年をかけて企画から販売までの一連の流れを実践的に学びます。

昨年同様、今年も9月末に新静岡セノバに期間限定ショップがオープン!学生たちの作り上げた商品を手に取ることができます。

今年立ち上がった4ブランドはこちら!

 

なちゅりーわぁーむ

のんびり、ほんわか、自由気ままに…。自然体で自分らしくいられる服。

PrincessismE

「かわいくなりたい」気持ちをお手伝い。ロマンティック&エレガンス。

トランキライザー

時代に左右されないスタンダード&アバンギャルドなニュースタイル。

ないしょ。ぱぁてぃー

『このお洋服に袖を通した時のときめきは

女の子だけの、かけがえのない強さ。』

 

先日、校内にてこの4ブランドの企画プレゼンテーションが行われ、出店先である新静岡セノバ様、浜松の遠州織物工業協同組合様、浜松市役所産業振興課様にお越し頂き、それぞれブランドのターゲットや実際に製作する商品のデザイン説明などを行いました。

このプレゼンののち、学生はサンプル製作、本生産に入ります。

売れるデザインとは何か?消費者が求めるデザインとは何か?ものづくりを通して、少しずつ、その感触を探ります。

今年はどんなドラマが生まれるのか?今後も追いかけてお伝えします!

 

☆ファッションデザイン科公式Twitterはこちら